大峰FP事務所

京都のファイナンシャルプランナー
不動産を中心にしたプランニングを得意としています
TEL:075-706-0800

ファイナンシャルプランナーとは?

ファイナンシャルプランナー(FP)とは、人生設計を経済面から支える「お金の専門家」です。
出産、育児、教育、就職、結婚、住宅購入、定年、介護、相続と、生まれてから死ぬまで、人間が社会生活を送るうえで、お金の話は切っても切れません。
お金に関する基本的な知識というのは、学校教育でも教えてもらえません。
また税制の優遇措置などは毎年毎年制度改正されるので把握するだけでも大変です。
インターネット時代になって情報が増えすぎた結果、自分にとって必要な情報だけを抽出するのはなかなか難しいことになりました。
とはいえ、なかなか他人に相談できないのがお金の話。
こういった状況の中、各場面場面において、適切なお金との付き合い方をサポートするのがFPの役割です。


ただ、一口にFPと言っても、その得意とする分野は様々です。下記はFPの分野を表したものです。

ライフプランニング/
リタイアメントプランニング
不動産運用設計
金融資産運用設計リスクマネジメント(保険)
相続・事業承継設計タックスプランニング(税)

このように、FPのフィールドは非常に広いのです。
当然、どんなFPでも各分野に関する最低限の知識は持ち合わせていますが、得意不得意があることは間違いありません。


この中で私が得意とするのは、ズバリ「不動産」の分野です。
住宅購入に関すること、住宅ローンの組み方、予算の立て方、物件の選び方、購入後のライフプランニング、購入前後の生活設計の変化、
あるいは不動産投資、不動産の運用、組み換え、管理、空家対策、相続設計などです。


特にご相談の多いのは、キャッシュフロー表を用いた住宅購入前後の資金シミュレーション、またそれに伴う家計簿の見直し、保険の見直しです。


住宅購入を検討されている方、目前に控えている方、あるいは既に購入してしまった方でも、ライフプランに問題がないかどうかのチェックをすることが大切です。
セカンドオピニオンとしてもご利用ください。


お役立ち

ページのトップへ戻る