株式会社大峰

不動産売買、仲介、管理、コンサルティング
TEL:075-706-0800
FAX:075-706-0808

コラム

<年金受給資格改正> 2016.9.26

前々から出ていた話ですが、ようやく閣議決定したようですね。
年金受給資格を取得するための納付期間が、 従来の300ヶ月(25年)から120ヶ月(10年)に短縮されるとのこと。
300ヶ月基準では資格要件を満たさず無年金になっていた人でも、 120ヶ月基準であればハードルは非常に低くなるので対象者は拡大します。

とはいえ、ギリギリ120ヶ月でもらえる年金は、

780,100円 × 120/480 = 195,025円(年額)
                      16,250円(月額)

にしかなりません。
これが240ヶ月(20年)なら、

780,100円 × 240/480 = 390,050円(年額)
                      32,500円(月額)

300ヶ月(25年)なら、
780,100円 × 300/480 = 487,562円(年額)
                      40,630円(月額)

満額でも月額では約65,000円です。
国民年金だけで生活設計するのは不可能に近いでしょう。
年金制度が様々な問題を抱えているのは確かなことでしょうが、 老後の生活設計にとって最も重要な要素であることもまた事実です。
年金受給額、受給開始のタイミング、 退職金を含む退職時の貯蓄、その時の残債、 その他の副収入など、 リタイアメントに関するお金のイメージは一度具体的にしておく必要がありそうですね。

お役立ち

ページのトップへ戻る