株式会社大峰

不動産売買、仲介、管理、コンサルティング
TEL:075-706-0800
FAX:075-706-0808

コラム一覧

<賃貸物件の火災保険>2018.9.22

<住宅総合保険の内容を把握していますか?>2018.9.17

<住宅取得等資金贈与の非課税特例について>2018.8.3

<不動産を相続したとき考えること③ >2018.6.19

<不動産を相続したとき考えること② >2018.6.16

<不動産を相続したとき考えること① >2018.6.14

<住宅ローン控除の居住要件 >2018.5.17

<住宅購入と頭金③>2018.5.14

<住宅購入と頭金②>2018.5.11

<住宅購入と頭金①>2018.5.8

<家計簿のつけ方>2018.4.15

<住宅は「購入」か「賃貸」か、どちらがいい?③>2018.4.2

<住宅は「購入」か「賃貸」か、どちらがいい?②>2018.3.30

<住宅は「購入」か「賃貸」か、どちらがいい?>2018.3.27

<不動産所得の事業的規模とは>2018.3.14

<中古取得した建物の減価償却>2018.2.26

<「被相続人居住用家屋等確認書」の取得について>2018.1.30

<譲渡益が出たら「ふるさと納税」を>2017.11.23

<小規模宅地等特例の注意点>2017.11.6

<定年退職後すぐに不動産を売却するなら>2017.10.21

<扶養控除対象者が不動産を売却した場合>2017.9.16

<健康保険の扶養家族が不動産を売却した場合>2017.9.15

<譲渡所得の申告時に必要な建物の価格>2017.8.1

<平成29年度 路線価>2017.7.3

<つなぎ融資と団体信用生命保険>2017.6.26

<数次相続と相続登記>2017.6.12

<新築住宅購入後の固定資産税>2017.5.13

<不動産譲渡所得と損益通算>2016.11.4

<譲渡所得の計算方法:長期と短期の区別>2016.10.10

<譲渡所得の計算方法>2016.10.10

<住宅取得等資金贈与の非課税特例:贈与のタイミング>2016.9.30

<年金受給資格改正>2016.9.26

<不動産売却後の国民健康保険料>2016.9.23

<相続した空家の譲渡所得控除について>2016.9.11


*コラムは執筆時点での税制等に基づいています。過去の記事が現在有効な情報とは限りませんので、その点ご了承ください。

お役立ち

ページのトップへ戻る